« 秋葉原にフラっとバイト帰りに寄ってみた | トップページ | クドわふたーのレビューです »

2010年6月25日 (金)

クドわふたー深夜販売に行ってきたよ

クドわふたーいいっすねぇ、こういう駄々甘な話大好きですよ。

さて、そんなこんなでクドわふたーをプレイしている中でW杯デンマーク戦が始まってしまったので、観戦しつつ深夜販売について書こうかなと思ったりします。

さて、いつもどおり時系列順に。

今日の家発は20:15。
え?深夜販売行った割りに出るのが早いって?
いや~、メイトの閉店時間が21:00だったもので。閉店時間直前に飛び込みセーフでPSP版ナルキッソスを購入。ねこねこ好きとしては、

ってあああああああ!!!!!
日本代表が一点いれた~~!!!!本田~~~~!!!!!!

……ん、ゴホンゴホン。話を戻そう。
ねこねこソフト好きな私としてはともさんの話は読むしかないのですよ~。
今度実家(某県)に帰る機会があるのでその際に新幹線ででも読もうかと。
さて、そんなこんなでマックで時間つぶし。

…、一時間で飽きたお。
しゃーない、パセラにでも行くか。

どせい「もうすぐアキバなんでちょっと待ってください」

あ、そうですか。ということで、数分間待機。ついでにコミケの3日目がまだ部屋の予約あいてるか聞いてみることに。
駿府「今度のコミケのときなんですけど、っていってもわかんないですよね。え~っと」
店員「13,14,15日、ですよね。」
駿府「ご存知ですか。」
店員「アキバ店、ですから。」
駿府「さすがです。」
なーんてことがありました。

カラオケで歌ったのは、
駿府「ケロ⑨DESTINY」
どせい「My Soul,Your Beats!」
駿府「女々しくて」
ここまで歌ったときに、どせいさんから提案「せっかくだから深夜販売物に関係したもの歌おうぜ。」…まぢっすか。
ど「allegretto~そらときみ~」(戯画『bitter smile』にちなんで)
駿「Cheer Up!」(CIRCUS『あるぴじ学園』にちなんで)
ど「Close Your Eyes」(あかべぇそふとつぅ『光輪の町 ラベンダーの少女』にちなんで)
駿「ふたりの足跡」(スタジオメビウス『友達以上恋人未満HD Plus Edition』にちなんで)
ど「硝子のLoneliness」(MOONSTONE『ANGEL RING』にちなんで)
駿「Saya's Song」(key『クドわふたー』にちなんで)
ど「Einsatz」(light『Soranica Ele』にちなんで)
駿「↑青春ロケット↑」(ShortCircuitⅢにちなんで)
ど「one's future」(key『クドわふたー』OP)

……って、2点目が入った!!!!????おいおいおい、まぢで日本代表勝っちゃうんじゃないか!!!

さて、そんなこんなでカラオケをおえて、いざ深夜販売へ。
駿府はゲーマーズへ、どせいはsofmapへ出陣。

で、100~200人くらい並んでました。予想通りでした。
さて、事前会計にでも行くかな。
店員「8919円でございます」
……ん?財布…あれ?8800円くらいしか入ってない…?
お金たりねーし!!!!
直後必死にコンビニATMに走る駿府の姿があったのは残念この上ない。
で、23:54くらいにい事前会計を無事に終えて、最後尾についた。
Sh3e0025 うん、最後尾札がちゃんと作ってあったのはすばらしいといわざるを得ない。

で、VAの馬場社長が記念撮影するぞ~ということでなんだか盛り上がっていた。その写真は、馬場社長のついったーにアップされてるのでそちらを参照。ちなみに、駿府は人ごみに隠れていて映ってなかった、なんか手だけ見えてる気もする(苦笑)

馬場社長「というわけでついにクドわふたーが発売となります。CLANNADが人生なら、クドわふたーはバカップルです。らぶらぶいちゃいちゃしてください」
だそうな。

で、カウントダウン。
総員「5!、4!、3!、2!、1!、鍵っ子、わ~ふ~!!!」
……恥かしいわっ…//
いや楽しかったけどね(爆)

Sh3e0028 店頭はクド一色でした。アニメイト、sofmapと確認してきたけどどこもこんな感じでクド一色になってました。うん、いいね。
え?結局のところ、駿府は鍵っ子だろうが…って?

ええ、その通りですが、何か?
特典についてきたポスターどこに張ろーかなー(うきうき)

さて、日本代表も勝ちそうだし、安心してクドわふたーの続きをやるとしましょう。
終わったらレビュー書きますねー。

« 秋葉原にフラっとバイト帰りに寄ってみた | トップページ | クドわふたーのレビューです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋葉原にフラっとバイト帰りに寄ってみた | トップページ | クドわふたーのレビューです »