« というわけでシャノンルート完了。 | トップページ | SS更新しました »

2010年6月 2日 (水)

置き場がない!のレビューです。

とりあえず、題名の通り「置き場がない!」のレビューです。
なんていってもいつもの感想文です。ええ。

今回はいつもと違い多少のネタばれを含みます。ご注意ください。

・シナリオ
 2周目以降は意外に共通ルートが多いことに戸惑ったものの、4本のシナリオともにキャラの特徴が確りと出ていたので、よかったように思います。特徴としては、「いわゆるぶっ飛んだ設定のゲーム」にありがちな、「メインヒロイン(と一部の)ルートだけがぶっ飛んだ設定を上手く活用している」というよくありがちなゲームとは違い、4本のルートそれぞれが「ヤルセナイザーとシャノンを中心とした」シナリオ展開をしていたところが珍しいかなと感じました。
 ただその分、どうしても「来るべき別れのシーン」が最後に来てしまうため2周目以降でなんとなくデジャヴュを感じてしまうのが多少の難点ともいえるでしょう。
 先の暴走記事でも書きましたが、シャノンさんのルートがロボットモノとして確立しているので(最後の超展開を除けば)、それだけでもプレイに十分な内容に仕上がっていたと思いました。エロゲとして楽しむのではなく、一本の話として楽しめるでしょう。
 しかし、…友人の三井の性格は何とかして欲しかった。ギャルゲの主人公の友人といえば「いいヤツ」であって欲しいのだが、少なくとも僕は気に入りませんでした。ライターとしては、「ここ一番は主人公の味方をするが、普段は欲望に素直な、憎めないヤツ」を思い描いていたのかもしれませんが、あそこまでくると憎みたくなるのは残念。ここ一番でのかっこよさももうちょっとプッシュして欲しかったです。
 気になった点として、選択肢におけるフラグがなんかおかしいのではないかと思いました。どう考えても会長ルートに入るべき選択肢を選んでいたはずなのに、恋歌のシナリオに入ったときはびっくりしました。(この現象は友人(どせいさん)のも感じているようです。)

・原画、立ち絵
 いつもどおりの有葉さん原画という印象。あかべぇとしては可もなく不可もなく。鳩子先生の劇的ビフォアアフターは変わりすぎでワロタ。 なんかエチシーンのヒロインズが異様に「ガッチリと」してる気がするのは僕の気のせいだろうか?

・音楽
 獣になれ!がステキ曲過ぎるのですよ。シナリオ中での利用も絶妙でした。BGMではあまりコレダ!っていう曲は印象に残っていないです。

・システム
 気にかかった点はありませんでした。文章の瞬間表示がなかったですが、表示は非常に速かったのでストレスなくプレイできました。

・まとめ
 se・きらら、出にけりと、なんだかなーっていうのが二本続いていたのでこういうスッキリとした話が読めると嬉しくなります。車輪、G線、W.L.O.のように「惹き込まれる」ような展開ではなく、どちらかというとこんぼくみたいなテンションと雰囲気で乗り切る感じですね(まぁライターに依ってるのは当然でしょうけど)。シナリオの出来としては普通+αといった感じでしょう。特にシャノンさん、鳩子先生のシナリオの完成度はよかったと思います。W.L.O.もある意味でぶっ飛んだ設定でしたが、こういった世界観はあかべぇの得意とするところといってもよいのではないでしょうか。(とはいっても、W.L.O.のごとく、とんでもない文章量というわけではなかったです。シナリオサイズは一般的な長さ(ちょっとだけ短め)でした)。
 来月にまた新作が出るので、楽しみにしたいと思います。
 どーでもいーけど、会長が座ってる椅子って、どこぞの特別高等人が座ってる椅子と同じデザインじゃね?(心象、未確認)

シャノンさんが可愛かったから、ぜんぜん問題なしなんすけどねー

特典のフィギュアどこにかざろーかなー(爆)

P.S.
あかべぇそふとつぅの公式HPで置き場がない!の第三回人気投票が開催中です。是非毎日シャノンさんに投票しましょう

« というわけでシャノンルート完了。 | トップページ | SS更新しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« というわけでシャノンルート完了。 | トップページ | SS更新しました »